×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

音海屋の海
2003/08/19

こんちは〜、釣ってますか〜?

私、釣りが好きでねぇ、暇さえあれば渓へ沢へと足が向いてしまうんですよ。岩魚が好きで、親子三代・・・ん?息子を入れれば四代・・・岩魚と遊んでもらっているんです。
三代目にはナントカ・・って諺でしたっけ、時代は変わるのもですよね。そう、岩魚生活三代目の私からちょっと欲張っちゃいましてね。海釣りにも行くようになったんですよ。伊豆に出かけては沖磯でグレ姫と楽しんでいたんです。

う〜ん、グレも楽しいけど、チヌってのも面白いらしいなぁ。でもチヌ釣りの人って近所にいないしなぁ。本屋さんにも寄ってみたけど、何かピンとこないなぁ・・・ネットで検索してみるか・・・
「魚と遊ぼ!海釣り道場」
ん?道場?何だこりゃ?恐〜い師範が睨みをきかせたトコかなぁ。「道場破りだ〜!いざ勝負〜!」なんて、弁慶みたいな人が何本も竿を担いで来たらどうしよう・・・ははは、そんな事があるわけないですよねぇ。
まっ、チラッと覗いて帰りましょうか・・・・・

ほ〜ぅ、入門編ねぇ。この辺は斜め読みで・・・うんうん、なるほど・・・え?こんな事もあるの?・・・わっ、理に適ってる・・・いいなぁ・・・目から鱗・・・
魚種別?釣法別?・・・へ〜、面白れ〜ぇ。今度、真似してみようかなぁ・・・
ウキ専・・・これこれ。私の大好きなウキ釣り・・・は〜ぁ、まいったなぁ。勉強になるなぁ・・・

お?沿岸掃除隊・・・?・・・そうだよなぁ。魚を釣るだけが釣り人じゃないよなぁ。大切な意見が沢山あるなぁ・・・BBSに書き込みしちゃおうかな・・・
全ての記事を読むのに二晩を費やしてしまいましたよ。楽しかった〜。

その頃でしょうかねぇ。ネットをウロウロして遊ぶようになったんですよ。年寄りの冷や水なんて言わないでくださいね。四十の手習いってトコでしょうか・・・毎晩、カミサンと電脳三昧になってしまいましたよ・・・ははは・・・
「なぁ、オラもホームページっての作ってみるかやぁ。」
「いいんだねぇ?どうせ岩魚のHPだずぅ?」
「おぅ・・・まぁなぁ・・・」
さあ大変。ホームページのホの字も知らない私の挑戦?ですよ。ましてやHTML・・・??、アップロード・・・??・・・etc・・・ははは、これこそ年寄りの冷や水ですかねぇ。
ホームページ・・・何とか形にはなった気がするんですが・・・あ、看板が無い・・・バナーってんですか?あの、絵の上に題名が書いてあるやつ。
まいったなぁ、絵なんて描けないし、ましてや絵の上に字を書くなんて・・・おや?待てよ、そういえば・・・

はっは〜、作ってくれるんだぁ。嬉しいなぁ。お願いしちゃおうかなぁ。
「なぁ、音海屋さん、こんなんもやってるでぇ。」
「はは、アンタに出来ねぇ事は素直にお願いしなぁ。」
「・・・ごもっとも・・・お願いします・・・」
おっ、出来た出来た。どれどれ・・・

うっひょ〜、いいですねぇ、綺麗ですねぇ。プロが作ったみたいですよ・・・って、音海屋さん、プロだっけ・・・失礼しました・・・
よ〜し、看板も出来たし、どんどん更新するぞ〜。
記事を書くには書くんですがねぇ。何か寂しいなぁ・・・何だろう・・・
「なぁ、これじゃぁ新聞みてぇだなぁ。」
「アンタァ、新聞の方が気が利いてるわぃ。挿絵でも入れなぁ。」
「ほほぅ、挿絵ねぇ・・・」

うっひょ〜、沢山ありますねぇ。あれ〜?淡水魚もいますよ・・・おっ、岩魚だぁ、お借りしちゃいましょうかね。壁紙もあるし・・・ははは〜、ネコの足跡Get〜!
なになに?リクエストも受け付けるんですか・・・ふふふ、お願いしてみようかなぁ。
「なぁ、オラのHPもそれらしくなってきたわなぁ。」
「う〜ん、素人が作ってんだからいいんだねぇ?ボケ防止のHP作りって笑魚さんも言ってたでやぁ。」
「ははは〜、そうだなぃ。庭いじりみてぇなもんかやぁ。」

楽しいですねぇ、ホームページ作り。カミサンと、あ〜でもない、こ〜でもない。
様々なホームページを覗いては・・・
「綺麗なトコだなぃ。」
「あはは〜、面白れ〜。」
「すげ〜、これってどうやるんだぁ?」
楽しい遊びがまた一つ増えてしまいましたね。

・・・・・・・・

音海屋の大きな海を泳ぎはじめて、一年と数ヶ月・・・
この海を泳ぐ度・・・
子供の頃、爺ちゃんの家の竹薮から切り出した竿を手に、川や池へ通い始めた頃を思い出してしまいます。
親父に、「秘密の仕掛け」を作ってもらった夜を思い出すんです。

液晶画面につながるカテゴリーケーブルの向こうに、やさしくて、大きくて、あたたかな海が見えます。

「釣行の記事でも書いてくれへんか〜。」
「いいっすけど、海釣りの記事なんて書けるかやぁ。」
「ははは〜、釣りのサイトやからね。淡水でもええでぇ。」
「は〜い、書いてみますねぇ。」

音海屋の大きな海が、今日も私を渓へ、海へ、誘ってくれるんです。